IKAブログ

Day of the Dead (死者の日ってなあに?)★Kindy 2 (年中クラス)

2020.10.15

こんにちは、Kindy 2 (年中クラス) です!

突然ですがみなさん、“Day of the Dead”という祝日をご存知ですか?このお祝いはAndrew先生のルーツでもあるラテンアメリカを中心に行われ、亡くなった人たちをまつります。ここ数年ではディズニー映画のテーマとして扱われたこともあり、日本でも知名度を上げています(^^)

さてこの祝日、時期がハロウィーンと近いこともあり、今まさに人々が飾り付けを準備する期間なんですね!ということでKindy 2でも“Day of the Dead” (死者の日)について学び、伝統的な “calavera”(骸骨の飾り)を作ってみました☆

 

配られた骸骨の顔を切り終わったらクレヨンを使ってカラフルに ♪ ポイントは、この祝日は死者の魂を“明るく楽しく”迎えるお祝いだということ。飾り付けはたくさんの色を使って、お花や模様を描いてあげてね(^o^)

 

描き上がった全員のcalaveraがこちら、、

じゃじゃーん!

並べてみると可愛くも、ちょっと怖くもあるような、、(笑)

さてここまではこれまでのクラフトでもよくあった工程で、Kindy 2のみんなはお手の物!ここからが今回のチャレンジです ♪

それぞれのcalaveraをさらに彩るため子どもたちが挑戦したのは、カラーティッシュでつくる花飾り!繊細なカラーティッシュ、破らずに完成させることはできるかな?、、

じゃばら折りに苦戦しつつも、みんな丁寧に折ってくれました。

破らないようそ〜っと紙を立ち上がらせて、、

 

“I made it! This is so cute!” (できた!かわいいでしょ?)

 

どの子も自分で作った花飾りに満足してくれたようで、かわいいかわいいと作品を眺めていましたよ♡

 

出来上がった花飾りは、今後最初に作ったcalaveraと合体する予定です!どんなデコレーションになるのかな?子どもたちがお家に持って帰る日をお楽しみに(^^)

名古屋のインターナショナルスクール「インターナショナルキッズアカデミー」IKAです。
プレスクールをお探しの方はぜひお気軽にお問い合せ下さい。

ページの先頭へ戻る - Go To Top