IKAブログ

Experiment(実験タイム!)☆Grade2(卒園生2年生)

2016.5.20

こんにちは、Grade2(卒園生2年生)です。

 

月1度の実験タイム!

先月は5感について取り上げ、今月は様々なボートを作って、どのボートが速く進むか実験しました!

 

 

まずは、何を使ってボートが作れるか、どのような形のボートを作ると速いボートになるか、を話し合いました。

DSCN6510

 

最初に、スーパーのお肉のトレイを使って3cmサイズのボートを作りました。

DSCN6514 DSCN6516

誰よりも速いボートを作ろうと、みんな真剣そのもの!

 

出来上がったボートを嬉しそうに見せてくれるGrade2のみんな!

DSCN6518 DSCN6521

 

そして・・・

ボートを走らせるには洗剤をつけます。

速く走れ、と願いを込めて・・・

DSCN6522 DSCN6523

 

洗剤だけで動くトレイのボートを見て不思議さ半分、嬉しさ半分☆

みんなの興奮度はどんどん上がっていきました。

 

次なるステップへ!

次はボートのサイズを変えて、大きなボートが速いのか、小さなボートが速いのか・・・

“I want to make a big one(大きなボートを作りたい)!”, “I want to make a small one(小さなボートを作りたい)!”

大きなボートを作るグループ、小さなボートを作るグループに分けました。

DSCN6535

 

本当に小さなボートを作りましたね^^

 

 

さて、第2の実験です!

どちらのボートが速いかな・・・

 

The result is(結果は)………

The big boat was faster!!(大きいボートの方が速かった)

DSCN6540 DSCN6539

ボートを動かしている洗剤をたくさんつけるから速く進むのかな^^

 

 

 

最後にマテリアルを変えてボートを作りました。

使ったマテリアルは、プラスチックと牛乳パックです。

プラスチックでボートを作りたいという子が多かったのですが、果たして結末は・・・

最初に作ったお肉のトレイもエントリーさせ、いざ実験!

DSCN6544DSCN6547

 

 

The result is(結果は)…

The milk carton boat was the fastest!(牛乳パックが一番速かった)

 

作る前は人気のなかった牛乳パック。

プラスチックを選んだ子は少し残念そうでした。

 

 

みんなはボートを持って帰りました。

家でお父さん、お母さんに見せたのかな?!

 

次の実験は何かな☆

 

 

名古屋のインターナショナルスクール「インターナショナルキッズアカデミー」IKAです。
プレスクールをお探しの方はぜひお気軽にお問い合せ下さい。

ページの先頭へ戻る - Go To Top