IKAブログ

Light Refraction(光の屈折について学んだよ)☆Grade 2(卒園生2年生クラス)

2017.10.20

こんにちは、Grade2(卒園生2年生クラス)です。

先日のレクリエーションクラスでは、Light Refraction(光の屈折)について学びました。
今回はそのときの様子をお伝えします♪

用意したのは、空のコップと水の入ったコップ。
最初の実験では、その中にストローを入れて見え方を観察します。

あれ?水の入ったコップにいれたストローは曲がって見えるよ!
水がストローを曲げたのかな?

続いては、コインをコップの下に入れてみます。
もちろん、空のコップからはコインが見えているよね。
コップに水をそそいでいくと・・?

わぁー!コインが消えちゃったよ!!
これには子どもたちも大歓声!上からは確かにコインが見えるのに、横から見たらコインが見えません。

最後に登場したのは、同じ方向に矢印が書かれた紙です。
これをコップのうしろに置くとどう変化するでしょうか?

なんと、矢印が逆を向きましたよ!

 

大喜びのみんな!

 

不思議だね。どうして、こんなことが起こるのでしょうか。
これには光の屈折が関係しているんだよ、とAnthony先生が教えてくれました。

光はなにも無ければまっすぐに進むけど、光が進む道の中に水などの障害があると曲がって目に届くと言うことを学びました。

では、油だったらどうかな?
結果は水と同じように光を曲げました。

ここで今日のまとめです。
When the light travelled through the empty cup, nothing happened. When the light travelled through the cup with water it refracted, or bent, which made the straw appear bent, the coin disappear, and the arrow to change directions. The same thing happens with oil.
(空のコップに光を通しても何も起こらなかったが、水の入ったコップに光を通すと光が反射したため、ストローが曲がって見えた。また、コップの下に置いたコインは曲がって見え、矢印の方向が逆になった。油でも同じことが起きることがわかった。)

来月のScience(理科)のレクリエーションでは、一番良く飛ぶ紙飛行機をみんなで作ってみる予定です☆
お楽しみに♪

名古屋のインターナショナルスクール「インターナショナルキッズアカデミー」IKAです。
プレスクールをお探しの方はぜひお気軽にお問い合せ下さい。

ページの先頭へ戻る - Go To Top