IKAブログ

Science Experiments!(科学の実験)☆Kindy 2(年中クラス)

2017.9.8

みなさん、こんにちは☆
すっかり朝晩は涼しくなり、季節は秋に向かっていますね。

季節に左右されることなく、Kindy 2の教室では、いつも元気な笑い声が響いています♪

そんな元気いっぱいなみんなが目を輝かせて取り組んでくれた、8月のScience(理科)の授業を少しご紹介したいと思います☆

先月のScience(理科)のテーマは、”inventions&experiments”(発明と実験)でした。

人々が発明してきた物について学び、発明品を生み出したり、何かを証明するためにはexperiments(実験)が必要であることを学びました。

experiments(実験)といっても様々なものがありますが、Kindy 2では、色を使った実験を行いました。

CIMG4364

まずは、カップに水と食紅を入れていきます。

“Who can help Tyler?”(タイラー先生のお手伝いができる子?)と聞かれると、みんな積極的に挙手をしてくれました!

CIMG4361

異なる色のカップを2つと空のカップを1つ用意します。

CIMG4368

そして、キッチンペーパーを用意し空のカップと色水のカップに入れていきます。

CIMG4382

CIMG4372

“What will happen?”(水はどうなっていくのかな?)という質問にみんな興味津々な表情で考えていました。

“I don’t know.”(わからないなぁ。) “I think the water will mix together.”(色が混ざると思う)などなど声が聞こえてきました。

CIMG4378

数時間置いて、みんなで色水の様子を確認してみました。

“Let’s check the cups!”(カップを確認してみよう!)

CIMG4466

“Wow! It’s purple!”(わぁ!紫だよ!)

CIMG4467

“It’s green!!”(こっちは緑だね!)

とみんな実験の結果に目を輝かせていました。

これは、細い管状の物の内側を液体が上昇したり、下降したりする「毛細管現象」によるもので、キッチンペーパー繊維の隙間が管になり、色水が移動しているそうです。

1つ目の実験の結果が出るまでに、2つ目の実験にも取り組んでみました。

まずは、色水を作ります。

CIMG4387

その後、油を入れてみると…

CIMG4391

油は水に混ざらず、水と油は分離した状態です。

ここに、今回は、塩を振り入れてみました!

すると…

CIMG4392

丸い粒が水の中を行ったり来たりしています!

CIMG4394

この現象にみんなもびっくり!”It looks like lava, right?”(溶岩みたいだよね?)というTyler先生の問いかけに”Yes!!”(そうだね!)とみんな頷いていました。

CIMG4400

これは、物体の密度を利用した実験でした。

水よりも密度の大きい塩が油をカップの下に連れていき、塩が水に溶けたところで油がまた浮いてきます。この現象が溶岩のように見えていたんですね。

Kindy 2のみんなは、科学の実験をとても楽しんでくれました☆

また、機会があれば、面白い実験にチャレンジしていこうね\(^o^)/

名古屋のインターナショナルスクール「インターナショナルキッズアカデミー」IKAです。
プレスクールをお探しの方はぜひお気軽にお問い合せ下さい。

ページの先頭へ戻る - Go To Top