IKAブログ

sink or float?(物の浮き沈みの実験)☆Kindy 3(年長クラス)

2016.12.23

こんにちは!
Kindy 3の今年のレッスンの締めくくりは、
Science、Math、Social Scienceのすべてをミックスした
“sink or float?” 『物の浮き沈みの実験~冬至バージョン~』です!

DSCF6938

物の浮き沈みの実験は昨年のKindy2でも行っていますが、
1年経って成長したみんなには、
より深く考えてもらえる内容になっています。

ただ受け身で実験を見るのではなくて、
結果を自分なりに予想すること、
「なぜそうなるのかな?」と自分で考えることを大切にします。
あと3ヵ月で小学生になるみんな。
小学校に入学し、Grade 1(卒園生1年生クラス)になると、
それらをhypothesis(仮説)としてワークシートに記入し、
みんなで話し合う時間を持つなど、
より深く学ぶことが出来るカリキュラムとなっています。

さて、いよいよ実験開始です!
みんなにはあらかじめ、自分の考えを挙手してもらいました。

DSCF6948

今回は、浮かべる物の重さをすべて量ります。
そして、浮かべる物の素材や、形状にも着目してもらいました。
みんなの予想を裏切る結果に、この表情です。

DSCF6943

予想が当たった子は大喜び。反対に外れた子は・・・
残念そうですね~

DSCF6954

今回実験に使った果物の中に
yuzuがあったのですが、そこには理由がありました。

今年最後のレッスン日は、winter solstice(冬至)にあたる日です。
Anthony先生が説明を始めます。
実験に使ったレモンを太陽に、ゆずを地球に見立てて、
Science lessonの復習が始まりました。

DSCF6956

そして日本では、冬至にかぼちゃを食べることや、
ゆず湯に入る風習があることなどを学びました。

最後に、子どもたちにとっては普段あまり馴染みのない、
yuzuの香りをかいでみました。
“Do you like the smell of yuzu?”

DSCF6959

なんとも言えないこの表情。
うーん、少し大人っぽい香りだったかな。

冬休みに入りましたが、みんな風邪ひかないように、
元気で毎日過ごしてね☆

名古屋のインターナショナルスクール「インターナショナルキッズアカデミー」IKAです。
プレスクールをお探しの方はぜひお気軽にお問い合せ下さい。

ページの先頭へ戻る - Go To Top